岐阜の出張カメラマン  の『熱い!』想い


私の『使命』とは・・・!

岐阜の出張カメラマンとして・・・

写真撮影映像写す撮るシャッター出張移動出前ロケアウトドアカメラマン岐阜可児多治見美濃加茂瑞浪土岐関美濃各務原岐阜犬山江南岩倉北名古屋春日井瀬戸小牧名古屋北区中区守山区東区結婚ウエディングウェディング建築住居工務店住宅成人家族フォトフォトグラフ

家族の想い出に残る写真を撮影したいとの強い想いで、写真の撮影をさせていただきます。

 

家族には様々な喜び・想い出が生まれます。

自宅の新築(建築)から、結婚・出産・子どもさんの成長(入学・卒業)・成人などです。

家族のその時・その瞬間の、楽しさ・嬉しさをプロの写真で残し、家族の絆を継いで、あなたの家族だけの大切な想い出をいつまでも語り継いでいただきたいと願っています。

 

今まで多くのお客様の写真を撮影させていただいた中で、お客様から様々な喜びのお声を

聞かせていただきました。こういったお声を頂けることに、一番の喜びを感じています。

そして、私が写真撮影で関わった事で、

①お客様が幸せになれる

②お客様が良かったと思っていただける

③私の写真を見て、お客様の人生・家族の絆が強くなる

そのようになることが、私にとっての願いでもあり、最高の幸せと考えています。


出張写真撮影にこだわる理由

写真撮影映像写す撮るシャッター出張移動出前ロケアウトドアカメラマン岐阜可児多治見美濃加茂瑞浪土岐関美濃各務原岐阜犬山江南岩倉北名古屋春日井瀬戸小牧名古屋北区中区守山区東区結婚ウエディングウェディング建築住居工務店住宅成人家族フォトフォトグラフ

私は写真にとって重要な要素のひとつに「背景」があると思います。

「背景が生きている」事によって、その写真も生き生きとしてくるのです。

 

これは、もしかしたら鉄道写真を多く撮影していたからそう思うのかも知れません。

屋外で写真撮影をする際は、必ず背景があります。

場所によって異なりますが、野山なら畑や山・川など。

海岸沿いなら砂浜や海になることもあるでしょう。その背景があることによって、被写体(写される人など)が更に輝き、その長所が現れやすくなると思います。

 

また、二次的な効果として、外に居る開放感で緊張が解れ、良い表情での撮影がしやすくなることもあります。(人によって違うこともありますので一概には言えませんが・・・)

 

これは建築物の撮影でも同じです。建物は周りの風景になじむことも重要な要素のひとつです。写真撮影の際も、周りの風景と馴染んでいる様子を入れて撮影をします。

 

私の出張写真撮影では、この「背景」を大切にします。

どこで撮影をご希望されるのかをお伺いし、その場所の雰囲気を十分に調査した上で写真撮影に臨みます。勿論、撮影の際どの部分を背景に使用するかも重要な調査事項です。(場所によっては撮影許可が必要な場合もありますので、写真撮影前に確認が必要です。)

この様に背景を徹底的に活かし、お客様の味方に付ける事で、その場の雰囲気を写真の中に写しこみ、思い出深い一枚の写真作品に仕上げて行きます。


岐阜の出張カメラマン の 仕事の『きっかけ』

写真撮影映像写す撮るシャッター出張移動出前ロケアウトドアカメラマン岐阜可児多治見美濃加茂瑞浪土岐関美濃各務原岐阜犬山江南岩倉北名古屋春日井瀬戸小牧名古屋北区中区守山区東区結婚ウエディングウェディング建築住居工務店住宅成人家族フォトフォトグラフ

私の趣味は写真撮影、その中でも鉄道のある風景が好きでした。

私は山紫水明の地、岐阜県美濃地方の可児市(当時は可児郡可児町でしたが)にて生まれ育ち、木曽川・飛騨川や地元の野山を見て育ちました。そのため、自然のある風景は好きで、今でも心の原風景と言っても過言ではありません。

 

中学生の頃から、自転車や、時には可児駅から国鉄(今はJRですが)に乗って岐阜県内はもとより長野県・愛知県などを中心にあちこちに出かけ、鉄道の写真を撮影していました。

そんな写真を友人や知人に見せたとき、『ひと味違うな~』とか、『見ていると気持ちが晴れやかになるね』と、言われました。

そして、写真が趣味と言うだけで、結婚式や記念撮影など、様々な撮影を頼まれて撮影していました。写真撮影では、岐阜県内は勿論、友人のいる愛知県など各地へ撮影に出かけました。

 

そんな中で、今までの写真にある『記録』という役割だけではなく

『人の心に訴えかける、感動的な写真』を撮影したい!と考えるようになりました。

そして、趣味 が 仕事 になりました。


番外編 「趣味」 から 「仕事」 へ

写真との出会いは「鉄道」からです。
と、言うと何のことか判らないですが。

子供のころから鉄道が好きで、鉄道を見るのが楽しみな子でした。
好きな車両は、名鉄の「パノラマカー」
そんな鉄道を見ていると、それを撮りたいと思うようになり、父のカメラを借りて写真を撮り始めたのが始まりでしょうか。

その後、学生時代にはお金を貯めて撮影旅行に行くように・・・。
その目的は、鉄道の撮影はもちろんなのですが、鉄道に乗ることも重要な目的でした。
そう! 今は「乗り鉄」や「撮り鉄」など・・・、テツにも色んな種別?がありますが、私は多分「全部テツ」でしょうね(笑)
時刻表も頻繁に買うし、鉄道雑誌も。記念切符も結構持ってます(笑)

忘れられない光景があります。今は無き中央線の夜行列車で出かけて、待ち合わせ時間に見た「松本駅」からの「朝焼けの北アルプス」です。徐々に変わっていく雪山の色。あの感激は今でも忘れませんね。鉄道旅行ならではの景色ではないでしょうか?
ちなみに、旅行の際は、必ず時刻表で乗る列車を調べることが私の「儀式」です。
今でも仕事利用の場合を除き、変わりませんね~。

そんな「テツ」ぶりは、私の周囲の友人達にはよく知られています。
友人から駅のホームの写真を見せられ、それだけで九州のとある駅であることを当てました。(もちろん、ここの駅名はどこにも写っていないですよ)
友人曰く、「まさか当てるとは思っていなかった」そうで、今や語り草になっていますが・・・。

そこから何故、写真が仕事になったのか?自分でも不思議なんですが、やっぱりそういう運命だったのでしょう・・・。
好きだからこそ出来る。そういうものでしょうかね~。


岐阜可児愛知名古屋写真出張カメラマン撮影

お気軽にお電話下さい。

 

0574-49-9910

                          お電話受付時間 10:00~18:00(不定休)

不在時は、お手数ですが留守番電話・お問い合わせフォーム等をご利用ください。

※撮影中・交通機関移動中などは電話に出られない事も多い為